家族滞在

在留期間 /5年、4年3ヶ月、4年、3年3ヶ月、3年、2年3ヶ月、2年、1年3ヶ月、1年、6月又は3月

日本で行える活動 (在留資格の該当性・入管法 別表第1の四)

一の表、二の表又は三の表の上欄の在留資格(外交、公用、技能実習及び短期滞在を除く。)をもつて在留する者又はこの表の留学の在留資格をもつて在留する者の扶養を受ける配偶者又は子として行う日常的な活動

基準省令適合性

申請人が法別表第一の一の表若しくは二の表の上欄の在留資格、文化活動の在留資格又は留学の在留資格(この表の法別表第一の四の表の留学の項の下欄に掲げる活動の項第一号イ又はロに該当するものに限る。)をもって在留する者の扶養を受けて在留すること。

提出資料 (施行規則 別表第3より)

一 扶養者との身分関係を証する文書 二 扶養者の在留カード又は旅券の写し 三 扶養者の職業及び収入を証する文書

ポイント